カヤックや2馬力ボート釣りに最適な万能ロッド4選

こんにちは、みつたかです。この記事ではミニボート釣りにおススメの万能ロッドを解説していきます。

目次

ミニボートには万能ロッドが必要

私はカヤック・SUP・2馬力ボート(以降ミニボート)を全て経験してきました。様々なロッドを使ってきましたが、下記の理由で一つのロッドで様々な釣りを行うスタイルが効率的だと考えています。

  • ミニボートに積める本数に限りがある(積みたくない)
  • ボートの上でのタックル交換はできるだけ避けたい
  • 遊漁船とは違い「ダメだったらほかの釣り」ができる
  • ラインは最大PE1.5号しか使わない(根掛かりすると切れない)

海の上では道具を取りに帰ることも難しいですし、ロッドの交換回数もできるだけ減らしたいところです。そこで一本のロッドの仕掛けを変えることで様々な釣りに対応できる万能ロッドの出番になります。

ミニボート釣りに最適なロッドの選び方

万能ロッドを選ぶ基準はフィールドや狙う魚によって様々ですが、ミニボートということである程度の基準があります。

ミニボート釣りに最適なロッド長さとは?

結論から言うと、ミニボートに適したロッドの長さは概ね~8ft(2.4m)までとなります。その中でも特に操作しやすいのは6.5ft(2m)くらいのモデルです。

2.4m以上のロッドでも普通にキャストして取り込む扱うことは可能ですが、穂先が絡んだ時が厄介です。ミニボートだと動ける範囲が限られています。穂先の絡みを取るためにリールを海にドボンしてしまうかもしれません。

逆に短すぎるロッドの場合だとキャスト時の飛距離が出せません。真下に落とすバーティカルな釣りしかしないのであればそれで良いのですが、意外にもミニボートに乗っているとキャストしたくなるタイミングも多いのです。

キャストをする可能性がある場合は5.11ft(1.8m)などのロッドは避け、6.5ft(2m)以上のロッドを選んでいただいた方が良いでしょう。

ミニボート釣りに最適なロッドの種類

ミニボートの釣りはニッチなジャンルのため専用ロッドはほとんどありません。そのため基本的には普通に販売されているオフショア用のロッドを使うことになります。

その中で万能ロッドとして扱いやすい種類のロッドを紹介します。

参考錘負荷一つテンヤティップランタイラバSLJルアーキャスティング
一つテンヤロッド7.5~56.25g
ティップランエギングロッド18~70g
エギングロッド10~25g※1
ベイトタイラバロッド(スピニング)30~120g△(〇)×(△)◎(◎)〇(〇)△(〇)
ボートシーバスロッド7~35g※1
*1錘負荷はキャストを前提に記載されています。真下の釣りだと+30g~50gくらいまでは普通に使用できます。

一つテンヤロッド

対応できる釣り:タイラバ、ティップラン、SLJ、各種エサ釣り

一つテンヤのロッドは先調子で繊細な穂先とパワーのあるバットが特徴です。調子はティップランエギングのロッドとよく似ていますが、一つテンヤの方がグリップが長いのが特徴です。そのため脇に挟んだ操作がやり易いです。

やや、穂先の扱いに注意する必要がありますが軽めのジグを使用したSLJ(スーパーライトジギング)にも使用できます。軽めのタイラバにも使用できます。

15号くらいまでの錘を使用した浅場でのキスやカワハギなどのエサ釣りにも最適です。

ティップランエギングロッド

対応できる釣り:タイラバ、ひとつテンヤ、SLJ、各種エサ釣り

一つテンヤと同じ先調子のロッドで、一つテンヤと比べるとグリップが短く、やや柔らかめのロッドが多いです。

他魚種と兼用する場合はMH~Hなど少し硬めの竿で選ぶと良いでしょう。

軽めのタイラバやSLJも可能ですが、グリップが短いため脇に挟みにくく快適ではありません。こちらも浅場でのキス、カワハギなどのエサ釣りに快適に使用できます。

エギングロッド(ソリッドティップ)

対応できる釣り:ティップラン、ひとつテンヤ、タイラバ、SLJ、ルアーキャスティング、各種エサ釣り

おかっぱりで使用する普通のエギングロッドです。ソリッドであればティップランでも十分に使用できます。

キャスティング20g程度でしたら安心してフルキャスト可能です。もちろんミニボートからのエギング(キャスティング)にも使用できます。

ボート釣りという観点では何かに特化したロッドではありませんが、どんな釣りにも幅広く使うことができます。

タイラバロッド

対応できる釣り:タイラバ、SLJ、イカメタル

タイラバがメインになる場合は、迷わずタイラバロッドを選んだ方が良いでしょう。

タイラバロッドで兼用できるのはライトジギングが挙げられます。但し、タイラバロッドは錘負荷200gなどと表記されていても同サイズのジグが快適にシャクれるわけではないので注意してください。(タイラバはただ巻き前提で表記されているので。)

ボートシーバスロッド

対応できる釣り:ルアーキャスティング(インショア)、SLJ

シーバスやフラットフィッシュなどのキャスティングがメインになる釣りでしたらボートシーバスロッドがおすすめです。水深20mくらいで10~30gのプラグやワーム、バイブレーションを使用したキャスティング釣りはポイントを幅広く狙うことができます。(下手にバーティカルでジギングするよりも良いかもしれません。)

青物も兼用する場合は硬めのロッドを選んでおきましょう。

ティップランなどに流用することをあまり考えなくてよいので、ベイトでもスピニングでも好きな方でOKです。

ミニボート釣りにおすすめの兼用ロッド

ダイワ(DAIWA) 紅牙テンヤゲーム MH-215

ダイワ(DAIWA)
¥23,331 (2024/07/23 14:19:05時点 Amazon調べ-詳細)

ミニボートで扱いやすい215cmというレングス、感度の良い穂先が特徴的な一つテンヤロッドです。

ティップランや軽めのタイラバ、カワハギやキスのエサ釣りにも流用しやすく万能ロッドとしておすすめの一本です。

シマノ(SHIMANO)23 セフィアBB R-S66M-S

2023年に発売されたシマノのティップランエギングロッドです。~80g程度のタイラバやライトジギング、カワハギやキスなどのエサ釣りに流用することが可能です。

ダイワ(DAIWA) エメラルダス MX 75MMH-S

ダイワ(DAIWA)
¥22,880 (2024/07/23 14:19:06時点 Amazon調べ-詳細)

ショートレングス&ソリッドティップのエギングロッドです。ショアでは少し短いと感じる長さですが、ミニボートでは丁度良い長さになります。エギングはティップラン・キャスティングの両方に対応でき、軽めのタイラバやジグも扱うことができます。

シマノ(SHIMANO) インステージ S610M

シマノ(SHIMANO)
¥35,420 (2024/07/23 14:19:07時点 Amazon調べ-詳細)

インステージは2024年に発売されたシマノのインショアゲーム専用ロッドです。インショアとはシマノが提唱する沿岸や湾内で行うボートゲームのことで、近年人気が高まっています。

ベイト、スピニングどちらもラインナップされており、ミニボートでも使いやすい長さとキャストウェイトが特徴的です。

B63HではMAX130gのビッグベイトも扱うことができ、シーバスゲームでの幅が広がります。シーバスに限らず、クロダイやヒラメ、青物にも最適です。

もう少し価格を抑えたい人はディアルーナやムーンショットもおすすめです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次