堤防ダンゴ釣りにおすすめのロッド5選|ルアーロッドでも可!筏竿は不向き?

堤防ダンゴ釣法は、筏やカセから行うダンゴ釣りをそのまま堤防で行う釣りです。ダンゴを足元に落として竿先でアタリを取ります。ウキでアタリを取る紀州釣りとは異なる釣りになります。

釣り方は堤防ダンゴ釣り入門をご覧ください。

目次

堤防ダンゴ釣りにおすすめのロッドの条件

堤防ダンゴ釣りは竿選びが最重要です。以下の2つのポイントとなります。

アタリを取れる柔らかい穂先であること

堤防ダンゴ釣りはチヌの繊細なアタリを取る必要があります。

目安としては先径が1mm以下のソリッドティップのロッドを選んでいただければ良いと思います。

海面まで届く長さがあること

なぜ海面までの長さが必要なのかというと、風の影響を受けやすいからです。

海面までの距離があるとラインが風に煽られてアタリが取りづらくなってしまいます。足場が高すぎる釣り場だと、たとえ無風でもこの釣法は厳しいです。

筏竿は短いものが多いので、使えるものは限られて来ます。

堤防ダンゴ釣りに使えるロッド

長めのイカダ竿

やはり本職の筏竿が一番使いやすいです。もしあなたが行く釣り場が、海面までの距離が近いならば、長めのイカダ竿を購入していただくのがベストでしょう。

ヘチ竿・落とし込み竿

もしイカダ竿では距離が足りない場合はヘチ竿を使ってください。ヘチ竿はイカダ竿と同じようにガイドの数が多く繊細なアタリを取れるように作られています。

かぶせ釣り用ロッド

近年人気のかぶせ釣り用ロッドは2m~2.4mくらいの長さで繊細な穂先を備えたロッドが多く、ダンゴ釣りに最適です。バッドが太めなので大型魚とのやり取りも安心して行うことができます。

アジングロッド・メバリングロッド

ソリッドティップのライトゲームロッドを持っている場合、堤防ダンゴ釣りに使うことができます。

堤防ダンゴ釣りにおすすめのロッド5選

ダイワ チヌ竿 飛竜 イカダ 210・V

販売されているイカダ竿の中では最も長いロッドの一つです。某Youtuberがかぶせ釣りに使用していることでも有名になりました。

宇崎日新 攻 IKADA 先調子 210

宇崎日新
¥10,409 (2024/05/30 12:23:47時点 Amazon調べ-詳細)

こちらも2.1mの長さを持つイカダ竿です。長いレングスで堤防からでもダンゴ釣りを快適に楽しむことができます。

シマノ 23 セイハコウ 160/155

シマノ(SHIMANO)
¥51,879 (2024/05/30 12:23:48時点 Amazon調べ-詳細)

ダンゴ釣りといえば名手、山本太郎さんですね。セイハコウは全てのダンゴ釣り師の憧れのロッドです。

堤防で使うには少し短いですが、イカダがメインの方や浮桟橋で釣りができる方におススメです。

ダイワ BJ スナイパー ヘチX XH-240

先径0.5mmのグラスソリッド穂先で繊細なアタリが取れるヘチ竿です。1:9の先調子なので堤防ダンゴ釣りにも向いています。長さは240mm,270mm,310mmの3種類があります。

長くなると穂先がぶれてアタリが取り難くなります。竿受けを設置するなど工夫をしましょう。

宇崎日新 クロニクル カブセ遠投 鬼彩 240

宇崎日新
¥18,480 (2024/05/30 12:23:50時点 Amazon調べ-詳細)

最近流行りのかぶせ釣り用のロッドもダンゴ釣りに使うことができます。

クロニクル カブセ遠投 鬼彩は非常に繊細な穂先と強靭なバットパワーを備えており大型コブダイとも対峙できるロッドです。イカダ竿よりもグリップが長めなので脇に挟んでファイトするスタイルが好きな人にもおススメです。

堤防ダンゴ釣り用ロッドは釣り場に合わせて選びましょう

堤防ダンゴ釣りは「竿の長さ」が本当に重要になってくる釣りです。高ければよいというものでは有りません。

自分がよく行く釣り場に合わせて、適切な長さのロッドを選択するようにしましょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次