【大物対応】最強のテレスコパックロッドおすすめ4選!ショアジギングや大物狙いのぶっこみ釣りに

  • テレスコピックロッド→振り出し竿のこと
  • パックロッド→継数が多く携帯性の高いロッドのこと

現在発売されているテレスコパックロッドの中でショアジギングや大物釣りに耐えうるヘビーなテレスコロッドをまとめてみました。 テレスコロッドは携行が便利ですし、ナブラがおきたときにサッと取り出したりできる利便性も兼ね備えたパックロッドは一本持っておいたら非常に便利です。 また、電車釣行やバイク、自転車で移動する方にも最適です。

テレスコのパックロッドはシーバスなどで使用するライトなものがほとんどです。しかし、大物用も数は少ないですが存在します。今回は目安として、錘負荷30g以上のものを基準にピックアップし、ヘビーユーズにも対応できる強靭なテレスコのパックロッドをご紹介します。

シマノ(SHIMANO) 23 フリーゲーム S96M

  • キャストウェイト:7~48g
  • 仕舞寸:82.2cm
  • 自重150g

2023年に新しく発売されたシマノのテレスコロッドです。

4本継のテレスコロッドで仕舞寸は他のテレスコロッドと比べても長めですが、リールからグリップエンドまでの長さが428mmもあり、ロッドを脇に挟んでルアーを操作するショアジギングなどの釣りに向いています。

重量も150gと軽量で、長時間の釣行でも疲れにくいでしょう。

ダイワ(DAIWA) クロスビート SW 967TMH

ダイワ(DAIWA)
¥10,725 (2024/06/21 13:35:06時点 Amazon調べ-詳細)
  • 錘負荷:10~40g
  • 仕舞寸:52cm
  • 自重:175g

ダイワの汎用ソルトルアーロッド、クロスビートSWです。シリーズの中で一番ヘビーな967TMHのメーカー推奨の対象魚はシーバスや小型青物となっています。

下記のモバイルパックとの違いは継数です。モバイルパックの5本継に比べて、クロスビートSWは7本と多くその分仕舞寸が短くなっています。リールシートの位置も違うため注意して下さい。

ダイワ(DAIWA) 22 モバイルパック 965TMH

ダイワ(DAIWA)
¥15,468 (2024/06/21 07:21:26時点 Amazon調べ-詳細)
  • 錘負荷:10~40g
  • 仕舞寸:68cm
  • 自重:175g

モバイルパックは5本継で仕舞寸は70cm近くになりますが、使用感はクロスビートよりも上になります。仕舞寸と予算に問題がなければモバイルパックを購入することをおすすめします。

出典:ダイワ 上がモバイルパックで下がクロスビートSW。モバイルパックの方がフロントグリップがしっかりしており、グリップエンドまでの距離も長い、実釣性能を重視する場合はモバイルパックの方が良い。

メジャークラフト ソルパラX SPXT-96LSJ

  • 錘負荷:10~50g
  • 仕舞寸:非公表
  • 自重:非公表
Major Craft(メジャークラフト)
¥9,243 (2024/06/20 13:52:15時点 Amazon調べ-詳細)

キャストできるウェイトが10~50gと自由度が高く実売10,000円を切るコスパの良さも魅力的です。持ち運びに便利なセミハードケースが付属しています。

目次

餌釣りだけなら投げ竿も視野に

ぶっこみ釣りしかしないという方は、継数の多い投げ竿にも注目してみてください。

通常投げ竿は3本継ですが、継数が4~6本の投げ竿は仕舞寸が70~80cmほどに抑えられています。投げ竿だと20~30号などの重めの錘を投げることができるため、潮が早い場所でのブッコミ釣りでは有利になります。

自分のスタイルにあったテレスコロッドを見つけて快適に釣りを楽しみましょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次